二の腕の引き締めトレーニング

本日は、二の腕を引き締めるトレーニングメニューを一つご紹介します。 二の腕を引き締めたい女性の方、腕をたくましくしたい男性の方にはおすすめのメニューです。 フレンチプレス やり方は、頭の後ろでダンベルを両手で持ち、肘の曲げ伸ばしの運動を行います。 回数は、15〜20回できつくなる重さを設定し3セット行います。 ※注意点・背中をそりすぎない。・肘の位置がブレないように意識する。 初心者から上級者まで、シンプルで効かせやすい種目なのでオススメです。 腕の裏側の筋肉がつくと、肘がまっすぐ伸びやすくなるため姿勢も良くなりますよ! 池田

続きを読む

チンニングできれいな背中!

チンニングで鍛えられる背中の筋肉・効果 1,姿勢改善現代人は前側の筋肉が固く猫背、巻き肩の方が多いため背中の筋肉を鍛えることで背中が伸び、しせいがよくなります 2、身体機能UPチンニングは自分の体重を使って行います。日常動作に近く体幹や握力様々な機能が必要になるため身体機能もUPします。また他のトレーニングの重量が上がったり効率よく、筋肉に刺激を入れられるようになるます。 3,基礎代謝UP背中の筋肉は胸の筋肉同様、上半身の中でも大きな筋肉です。ダイエットや身体を引き締めたい方には必須のトレーニングです。 4,逆三角形・クビレを作る背中の筋肉は、腕の裏側から腰のあたりまでついている為、鍛えると逆三角形の様に綺麗になります。またお腹のトレーニングを併用することでより背中とお腹の対比ができよりくびれて見えます。また、女性が特にきになる二の腕のプルプルも引き締める効果もあるので一石二鳥です! Functional 南青山では、チンニングバーを使って多くの方が背中をトレーニングしています。まだ筋力が弱い方、女性の方でもできる様、レベルにあったゴムチューブを用意しているので安心です 背中の贅肉が気になるかたは、これからの季節おすすめのトレーニングですよ 池田

続きを読む

トレーニング中の呼吸の意識

今回はトレーニング中の呼吸についてお話します。 トレーニング中に呼吸を意識することはとても大切です。筋トレは基本的に無酸素運動で、負荷がかかる時にはどうしても呼吸が止まりやすくなります。そのため、酸欠状態にならないためにも普段の生活では自然に行っている呼吸ですが トレーニング中は、正しい呼吸を忘れない様に意識しましょう! トレーニング中の正しい呼吸 基本的に、筋肉が緊張して縮む時に 息を吐き筋肉が緩んで伸びる時は 息を吸います。 例 スクワット  しゃがむ時に 息を吸い   負荷が最大限にかかる起き上がる時 息を吐きます ※呼吸は止めてなくても、たまに逆になっている場合があるので注意です。 正しく呼吸ができると 息を吐くと同時に腹圧も高まるの為、・怪我の予防・体幹の強化・脂肪燃焼・お腹の引き締め効果 正しく呼吸ができるだけでこんなにもプラスαな効果があります。まずは、息を吐いている音が分かるぐらい意識してみてくださいね😃 池田

続きを読む

Functional南青山パーソナルトレーニングジムです。 ストレッチと筋トレやコンディショニングを個々の身体に合わせて行い必要な筋力を鍛え理想の体をつくります。 バリアフリー対応完備、日本初のユニバーサルデザインジムです。 初心者から高齢者や車椅子ユーザーも大歓迎のパーソナルジム ハンモックやTRXやミット打ち、フリーウエイトなどいろんなトレーニングを行えます